MENU

男性のAGAとはいったい?

 

AGAと男性ホルモンは密接な関係にあるのはご存知ですか?
男性ホルモン=AGAの原因というわけではないので誤解しないでください。

 

 

男性ホルモンの一種に「テストステロン」というホルモン物質があります。
この物質は筋肉の量を増やしたり成長に不可欠でも脱毛を促進する作用はありません。

 

 

ところがこの「テストステロン」と頭皮に存在する
「5α-リダクターゼ」という還元酵素が出合ってしまうと問題になります。

 

 

さてその2つが出会うとどうなるかというと毛周期の異常を引き起こしてしまいます。
「5α-リダクターゼ」の活性が高い人は低い人に比べて薄毛になりやすのです。

 

 

「5α-リダクターゼ」の値が高い人の原因は
生活習慣や食事など乱れが原因となっています。

 

 

髪も体の一部ですので不規則な生活をすると頭皮も
髪の毛事態も弱ってしまいます。食生活が偏ったり

 

 

睡眠時間が少なかったりストレスが大きいと
代謝や血行が悪くなり充分な栄養を毛根に届けることが出来ません。

 

 

それが原因でAGAが原因による抜け毛の進行や
ホルモンバランスの乱れを引き起こします。

 

 

AGAの特徴は抜け毛・薄毛がゆっくりと時間をかけて進行していきます。
額の生え際や頭頂部の髪または双方から薄くなり始めるようです。

 

 

毛包が十分に成長しないため髪の毛が
太く長く育たないうちに抜けてしまいます。

 

 

ただしAGAではうす毛になっていてもうぶ毛は残っているのも特徴です。
薄毛になり始めると少し気になるのが「親父ハゲてたかなぁ!?」と遺伝を疑ったことないでしょうか?

 

 

AGAが遺伝するのではなくあくまで「薄毛になりやすい体質」が遺伝するのです。
恐らく気にし始める人は早くて20後半から少し気にかかっている人もいるでしょう。

 

 

AGA治療には20代〜30代が一番最適なのはご存知でしたか?
悪玉脱毛ホルモンが一番影響を及ぼす時期は男性ホルモンの分泌が盛んな20代〜30代です。

 

 

もう気づいたら早期治療が悪化を防ぎ改善をしてくれるでしょう。
この情報は不確かではなくAGA専門治療のランキング
でNo1のAGAスキンクリニックのHPに搭載されています。

 

 

「AGAスキンクリニック」のHPに詳しくAGAの治療などについて
書いてあり無料カウンセリングも受け付けていますので相談にいってはいかがでしょうか?