MENU

育毛・発毛・増毛・植毛いったい何が違うの?

 

薄毛対策には増毛・発毛・育毛・植毛と大きく分けて4つの方法があります。
薄毛の悩みを解消するという目的は一緒ですがそれぞれその解消方法が違います。

 

 

さらに各対策方法ごとにメリットやデメリットあるので
自分が目指したい薄毛対策の形にマッチした方法を選びましょう。

 

それでは4つの対策を詳しく説明しましょう。

 

 

・育毛

 

すでに生えている毛髪を長く太く育てることです。
薄毛の症状の1つでもある細く短く弱々しい髪を
太く長くツヤとコシのある立派な髪に育てるイメージです。

 

 

今ある髪が立派に育つことで本数が増えなくても
全体のボリュームがアップして見た目の印象が変わります。

 

 

・発毛

 

さまざまな原因により髪が無くなってしまった状態から
再び新しい髪の毛を生えさせるのです。
ちなみに発毛剤と育毛剤も目的が少し違います。

 

 

発毛剤は文字通り発毛を促進することが目的で
育毛剤はあくまでも育毛が主な目的です。

 

 

発毛自体は期待はできますがあまり望めず発毛剤には
毛母細胞を刺激することで休止していた毛根から
再び発毛を促すタイプ等があります。

 

 

・増毛

 

人工的に毛髪が増えたように見せる方法で
自分の髪に人工の毛を結びつけたり髪が植え
付けられたシートを頭皮に張り付けます。

 

 

見た目だけの対策なので自分の髪が新たに
生えてくるわけではありません。

 

 

男性用かつら(ウィッグ)などを被ることも増毛の一種となります。
発毛や育毛と違って確実かつ即座に結果が得られるのが特徴です。

 

 

・植毛

 

毛髪を頭皮に植える方法で自分の毛を移植する方法と
人工の毛を植え付ける方法があります。

 

 

人工毛の場合は拒絶反応や炎症が起こって
植え付けた毛が定着しない場合もあります。

 

 

自毛の場合はそのリスクは比較的少ないと
言われていますので安心できるでしょう。

 

 

カツラやウィッグなどに比べて生え際などが自然ですし
育毛や発毛のように結果が出るまに時間がかからないのも特徴です。

 

 

最近では技術もあがりどの方法も以前とは比べて
クオリティがかなり高くなっています。

 

 

そうでしょうざっとですが4つのちがいわかりましたでしょうか?
目的と対策が全くちがいますね。

 

 

もしも目標が発毛・育毛なら専門クリニックへ相談が一番の近道だと思います。
無料カウンセリングも受けれるところがあり素人では育毛剤でしか対策できません。

 

 

AGA治療専門ランキングで上位の「AGAスキンクリニック」は
無料でカウンセリングをしてくれます。独自の治療法も沢山あるので
一度お話をしてみるのもよいかと思います。